02-01. 講義コンテンツが再生できない

システムメンテナンス、既知の問題に該当する場合があります。
次のページから、これらに該当しないか確認してください。

システムメンテナンスや既知の問題に該当しないにもかかわらず、Course N@viで動画再生ができない場合は、1から順番に確認と作業を行ってください。

1.対応ブラウザの利用

Course N@viの動画コンテンツはHLS配信方式に対応したブラウザで再生可能です。
ブラウザが対応していない場合は、次のようなエラーが表示されます。

エラーが表示された場合は、OSごとの対応ブラウザ、バージョンの一覧表を参考に、対応ブラウザを利用してください。
利用しているブラウザのバージョンの確認方法、最新版への更新方法は次のページを参照してください。

ブラウザのバージョン確認・更新(ITサービスナビ)

OSごとの対応ブラウザ、バージョンの一覧表
OS ブラウザ バージョン
Windows 10 Internet Explorer 11
Chrome 34以上
Firefox 42以上
Edge
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Chrome 34以上
Firefox 42以上
macOS 10.8以上 Chrome 34以上
Firefox 42以上
Safari
Course N@viの利用環境について
動画再生可能なブラウザで、Course N@viの一部機能が正常に動作しない場合があります。
動作再生で最新のブラウザを利用した場合でも、他の機能は検証済環境でご利用ください。
この操作が完了したら
動画が再生されない場合は、ページの更新をお試しください。
2.ページの更新 にすすむ

2.ページの更新

画面が進まない、または、以下のようなエラーが表示される場合は、キーボードで下表に示すキーを押下することで、ページの最新の情報を読み込むことができます。

OS ページの更新手順
Windows キーボードの「Ctrl」+「Shift」+「F5」キーを押下する。
Mac キーボードの「command」+「Shift」+「r」キーを押下する。

上表のキーを押下するとページの情報が更新され、動画再生が始まります。
更新には時間がかかることがありますので、キーの連打はせず、押下後は画面が変わるのを少し待ってください。
画面が変化しない場合は、何度か試してください。

この操作が完了したら
動画が再生されない場合は、キャッシュとCookieの削除をお試しください。
3.キャッシュとCookieの削除 にすすむ

3.キャッシュとCookieの削除

「キャッシュ」、「Cookie」とは、ブラウザが表示したページの情報や設定を一時的にコンピュータに保存しておく機能です。再度同じページにアクセスしたときに、インターネット情報のデータでなく、キャッシュに保存されたデータを参照することでWebページを素早く表示することができます。
ブラウザで問題が起きた場合は、コンピュータに保存されているデータが表示されている可能性があります。キャッシュを削除することにより、問題が解決できることがあります。
次のWebページの手順を試してください。

キャッシュとCookieの削除(ITサービスナビ)

この操作が完了したら
Course N@viにログインし、動作再生を試してください。
解決しない場合は、環境情報の確認をお試しください。
4.環境情報の確認 にすすむ

4.環境情報の確認

講義コンテンツによっては通信環境は実測値3Mbp以上が推奨環境となります。
Wifiなど無線環境をご利用の場合、可能であれば有線環境をご利用いただき、動画を再生できるか試してください。

また、通信環境も含め、お使いのパソコンが動画を閲覧できる状態にあるか環境情報をチェックしてください。
次のWebページのチェッカーを利用して環境情報を測定し、判定で×が出た場合は画面に記載された対応を行ってください。
ストリーミング動画の企業内視聴可否確認サイト(Jストリーム)

この操作が完了したら
Course N@viにログインし、動作再生を試してください。
解決しない場合は、問題解決のためより詳細な利用状況をお知らせください。
5.詳細情報をITヘルプデスクに連絡する にすすむ

5.詳細情報をITヘルプデスクに連絡する

各手順を行っても問題が解決しない場合は、次のページを参考に詳細な情報をITヘルプデスクにお知らせください。
動画再生不可の場合のお問い合わせ方法

ページの先頭へ