提出レポート(電子媒体)を効率よく管理したい

レポートの提出には課題を使います。課題は、提出されたレポートの剽窃チェックを行うかどうか、評定結果を履修者に見せるかどうかなどを設定することができます。また、提出されたレポートに対してフィードバックを行うことができます。

課題に対する設定を行う方法
参照
09-01.課題
    • 「Turnitin」は、提出されたレポートに対して剽窃チェックを行う機能で、デフォルトでは有効になっています。剽窃チェックを行わない場合は無効にします。
    • 「匿名送信」が有効の場合、評定は評定表に反映されず、履修者には見えません。採点した評定結果を評定表に反映させて履修者に表示したい場合は、「匿名送信」を無効(No)にしてください。
提出されたレポートにフィードバックを行う方法
参照
09-01-07.課題に評点・フィードバックコメントをつける(個別評定)
      • 「フィードバックコメント」は、テキスト入力でフィードバックを行います。レポートに対して直感的にコメントを入力でき、編集も気軽に行えます。
      • 「フィードバックファイル」は、ファイルでフィードバックを行います。各履修者に共通のフィードバックを返す場合は、各々に同じファイルを添付するだけで行うことができます。フィードバックとして使用するファイルを事前に準備する必要があり、修正や変更があれば、新たにファイルを準備して差し替える必要があります。

最終更新日 2021年5月10日

この投稿は役に立ちましたか?

Good  No good

2人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

ページの先頭へ