06-01.利用制限(前提条件設定)

コースのコンテンツは、様々なリソースまたは活動で作成することができます。それぞれの機能によって、設定項目は異なりますが、ここでは、共通の設定項目について説明します。

利用制限

コンテンツ設定時に「利用制限」内の【制限を追加する】で、アクセス制限を設定することができます。アクセス制限は、以下の項目で設定することができます。

活動完了:「活動完了」の設定がされている別の活動を完了する(または完了しない)ことで、アクセスを可能にします。

日付:指定された日時まで(から)アクセスを禁止します。

評点:指定された評点に達した(または達しなかった)ユーザのみアクセス可能にします。

グループ:指定されたグループに属しているユーザのみアクセス可能にします。

グルーピング:指定されたグルーピング内のグループに属しているユーザのみアクセス可能にします。

制限セット:複数の制限を入れ子にすることで、複雑な条件を適用することができます。

 

下図は、「グループ」を設定した場合の表示画面です。

合致する必要がある(合致しない必要がある):条件を設定できます。

「目」アイコン:上図の場合(「合致する必要がある」を選択した前提)は、全履修者にAグループのみ利用可能なことが表示されます。「目」アイコンをクリックすると、アイコンに斜線が入り、Aグループにのみ利用可能なことが表示されます(他の履修者からは非表示となります)。

履修者側の表示

履修者がコンテンツの利用制限の条件を満たしていない場合には、以下のような表示がされます。

注意
日付の利用制限を掛けた際に、担当教員側と履修者側で見え方が異なり、履修者側からでは「利用開始前」及び「利用期間中」では、「利用終了」の日時の記載がないので注意ください。

【教員側の見え方】

【履修者側の見え方】

 

注意
「利用制限」で設定した開始日・終了日は、履修者のカレンダーに登録されません。
小テスト等の締切を「利用制限」の終了日で設定する際にはご注意ください。
なお、課題の「利用」で設定した終了日時、小テストおよびアンケートの「タイミング」で設定した終了日時は履修者のカレンダーに登録されます。
「利用制限」を設定した場合には、履修者への「フィードバックコメント・ファイル」も確認できなくなるので注意ください。

 

最終更新日 2021年6月4日

この投稿は役に立ちましたか?

Good  No good

3人中3人がこの投稿は役に立ったと言っています。

ページの先頭へ