09-01-03.【Turnitin】学生間チェックの動きについて2(判定時期)

類似度判定が実施されるタイミングは、「作成速度を報告する」の設定で制御しています。
(初期値は提出期限日にレポートを作成する。)

  • レポートを今すぐ作成する(学生は再提出不可)
    →学生が提出すると即時で類似度判定されます。
  • レポートを今すぐ作成する(学生は提出期限日まで再提出可能):3回の再提出の後、レポートは24時間後に作成されます
    →履修者が行った初回の提出と3回の再提出を合わせた計4回の提出で、通常どおり時間を待たずにレポートが作成されますが、5回目以降の提出では、提出してから24時間後にレポートが作成されます。
  • 提出期限日にレポートを作成する(学生は提出期限日まで再提出可能)
    →提出期限日に類似度判定されます。

設定により判定結果が異なりますので注意してください。

レポートを今すぐ作成する 提出期限日にレポートを作成する
履修者Aが提出 0% 100%
履修者Aの後に、履修者BがAと同じ内容のレポートを提出 100% 100%

1.レポートを今すぐ作成する
・履修者Aのレポート提出後に履修者Bが全く同じレポートを提出した場合、履修者Aは判定結果0%、履修者Bは判定結果100%となります。

“レポートを今すぐ作成する”では、早く判定結果を確認できるメリットがありますが、提出した順番で学生間チェックがかかる為、同一内容のレポートが提出された場合は、後から提出した学生の判定結果のみ100%になってしまいます。

2.提出期限日にレポートを作成する
・履修者Aのレポートがturnitinで判定される前にBが全く同じレポートを提出した場合、履修者A、Bともに判定結果100%となります。

“提出期限日にレポートを作成する”では、提出期限を待たないと判定結果を確認することができませんが、提出した順番は関係なく、期限までに提出されたレポート間で学生間チェックがかかる為、同一内容のレポートが提出された場合は、双方とも判定結果が100%になります。

最終更新日 2022年12月12日

この投稿は役に立ちましたか?

Good  No good

2人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

ページの先頭へ