評定のコース合計の値をシラバスの成績評価方法に合わせたい

評定者レポートに表示される「コース合計」の算出方法や、シラバスの成績評価方法に合わせて「コース合計」内の加重を設定する方法について説明します。

コース合計の計算式

コース合計は、コースで実施した課題や小テストなどの各コンテンツの評点の加重平均値となります。
具体的には以下の式で計算されます。各コンテンツの正規化された評定値に、設定した加重の値を掛けて合計し、加重の合計値で割ります。加重の設定方法はこちらを参照ください。

ここで、正規化された評定値とは、学生の評定値をコンテンツの最大評点(満点)で割って正規化した値です。

例えば、50点満点のレポートで学生Aが40点を取った場合、正規化された評定値は0.8となります。

memo
コンテンツの最大評点(満点)はコース合計には影響しないため、調整する必要はありません。

 

コース合計の計算結果(具体例の紹介)

以下では、2つの具体例を用いて、ある学生のコース合計の計算結果を示します。なお、コースの最大評点は100(デフォルト)であるとします。

計算例1

成績評価方法は以下のとおりとシラバス等で公表していると仮定します。

  • 平常点評価:60%
    授業への出席状況に基づいて評価する。
  • 試験:30%
    第8回と第15回の授業時間中に理解度確認の試験(小テスト形式)を実施する(15%×2回)。
  • レポート:10%
    第12回でレポート課題を出題し、その内容を評価する。

加重の設定と、コース合計の計算結果は以下のようになります。

成績評価項目 設定内容 サンプル
学生A
サンプル
学生B
Moodleコンテンツ名 最大評点(満点) 加重 評定値 正規化された評定値 評定値 正規化された評定値
平常点評価 出欠 100 60 90 90/100 = 0.9 60 60/100 = 0.6
試験 小テスト1 50 15 25 25/50 = 0.5 45 45/50 = 0.9
小テスト2 50 15 40 40/50 = 0.8 45 45/50 = 0.9
レポート 課題 100 10 60 60/100 = 0.6 80 80/100 = 0.8

計算例2

成績評価方法は以下のとおりとシラバス等で公表していると仮定します。

  • 平常点評価:60%
    授業への出席状況(15%)、および各回の授業時間中に実施する理解度確認小テストの結果(3%×15回=45%)に基づいて評価する。
  • レポート:40%
    中間レポートと期末レポートを出題し、その内容を評価する(中間15%、期末25%)。

加重の設定と、コース合計の計算結果は以下のようになります。

成績評価項目 設定内容 サンプル
学生A
サンプル
学生B
Moodleコンテンツ名 最大評点(満点) 加重 評定値 正規化された評定値 評定値 正規化された評定値
平常点評価 出欠 100 15 80 80/100 = 0.8 70 70/100 = 0.7
小テスト1 30 3 30 30/30 = 1.0 30 30/30 = 1.0
小テスト2 30 3 30 30/30 = 1.0 30 30/30 = 1.0
小テスト3 30 3 30 30/30 = 1.0 30 30/30 = 1.0
小テスト4 30 3 30 30/30 = 1.0 30 30/30 = 1.0
小テスト5 30 3 15 15/30 = 0.5 30 30/30 = 1.0
小テスト6 30 3 30 30/30 = 1.0 27 27/30 = 0.9
小テスト7 30 3 30 30/30 = 1.0 27 27/30 = 0.9
小テスト8 30 3 30 30/30 = 1.0 27 27/30 = 0.9
小テスト9 30 3 30 30/30 = 1.0 27 27/30 = 0.9
小テスト10 30 3 30 30/30 = 1.0 27 27/30 = 0.9
小テスト11 30 3 30 30/30 = 1.0 30 30/30 = 1.0
小テスト12 30 3 15 15/30 = 0.5 30 30/30 = 1.0
小テスト13 30 3 15 15/30 = 0.5 30 30/30 = 1.0
小テスト14 30 3 15 15/30 = 0.5 30 30/30 = 1.0
小テスト15 30 3 15 15/30 = 0.5 30 30/30 = 1.0
レポート 課題1 100 15 60 60/100 = 0.6 80 80/100 = 0.8
課題2 100 25 80 80/100 = 0.8 90 90/100 = 0.9


 

加重の設定方法

シラバスの成績評価方法の「割合」や「評価基準」に評価のパーセンテージを明確に記載している場合は、こちらの設定例のように加重にそのパーセンテージと同じ値を設定すると、適切なコース合計が得られます。成績評価に含めたくないコンテンツについては加重を0に設定します。

※参考:シラバスの成績評価方法

加重は以下の手順で設定できます。

  1. コースの左メニューの「評定」をクリックすると、以下の画面が開きますので、「設定」をクリックします。
  2. 「加重」に設定したい値を入力します。「変更を保存する」をクリックすると設定が保存されます。下図は設定例2の設定を反映したものです。
    memo
    加重の合計は必ずしも100である必要はありません。

最終更新日 2021年6月21日

この投稿は役に立ちましたか?

Good  No good

4人中3人がこの投稿は役に立ったと言っています。

ページの先頭へ