12-04.Live poll(リアルタイム投票)を作成する

概要
Live poll(リアルタイム投票)は、教場もしくはオンラインでのリアルタイム授業において、履修者がリアルタイムに投票し、その結果を教員・履修者がリアルタイムに閲覧できる機能です。授業中の簡単なクイズやアンケートとして使用することができます。

memo
投票結果は教員・履修者の双方に対して匿名で(投票数のみ)公開されます。
  1. コースの編集モードを開始します。
    参照
    05-01.コースの編集を開始、終了する
  2. セクションの【活動またはリソースを追加する】をクリックします。
  3. 【52_Live poll】をクリックします。
  4. 「Live poll名」を入力して、「説明」にリアルタイム投票の説明を入力します。
  5. オプション(選択肢)を設定します。2~4個のオプションを入力します。

    memo
    ここには選択肢の番号(1~4)や記号(A~D)のみを入力し、選択肢の内容は授業中に口頭・板書・スライドなどで示すことで、1つのLive pollを流用して複数の設問を出題することができます。
    例)早稲田大学の創立は何年か。
      A.1882年
      B.1920年
      早稲田大学の創立者は誰か。
      A.福沢諭吉
      B.大隈重信
  6. 正解のオプションを選択します。正解がない場合(アンケートなど)でも選択は必須です。

    memo
    教員側で正解を表示(次ページ参照)しなければ、ここで設定した正解は履修者には知らされません。
  7. 投票結果の表示形式を選択します。


    投票結果の見え方はそれぞれ下図のとおりです。
    ・棒グラフ(左上)
    ・円グラフ(右上)
    ・ドーナツチャート(中央左)
    ・ポーラーチャート(中央)
    ・レーダーチャート(中央右)
    ・テキスト(下)
  8. 投票期間は無制限で、常に投票が可能です。投票の開始・終了日時を事前に決めたい場合には、利用制限の日付でアクセス期間を制限します。
    参照
    06-01.利用制限(前提条件設定)

    また、教員が任意のタイミングで投票を締め切ることもできます(次ページ参照)。

  9. 【保存してコースに戻る】をクリックします。コースにLive pollが追加されます。

    タイトルをクリックすると、その時点の投票結果が表示されます。

    参照
    12-04-01.Live poll(リアルタイム投票)の結果を表示する
名称 Live poll(リアルタイム投票)
概要 リアルタイムに履修者が投票できる機能。履修者の理解度を確認するためのクイックテストやアンケートとして使用することができる。

アイコン
設定項目
■一般
Live poll名 Live pollの名称。
例)リアルタイム投票
説明 Live pollに関する説明。
設定項目
■オプション設定
Option A Option AからDに、必要な分だけ選択肢を指定する。
2つ以上の選択肢が必要。
Option B 選択肢を指定する。
Option C 選択肢を指定する。
Option D 選択肢を指定する。
正解のオプション 正解の選択肢を設定する。正解がない場合(アンケート等)でも設定が必要。
投票結果の表示形式 投票結果の表示形式を指定する。「テキストのみ」以外はグラフとテキストの両方が表示される。各表示形式の見え方はこちらを参照。

最終更新日 2022年2月10日

この投稿は役に立ちましたか?

Good  No good

0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

ページの先頭へ