07_聴講料・実験実習料納入

科目の履修にあたり、聴講料・実験実習料が必要な科目については、所定の期間内に納入をする必要があります。

期間外の納入および返金、また一部科目のみの納入は認めません。未納の場合は、決定科目の履修が認められないばかりか、その後の科目登録において抽選の優先順位が下がることがあります。

●聴講料・実験実習料の納入が必要な科目
●納入期間
●納入方法
●納入についての注意
●納入イメージ

聴講料・実験実習料の納入が必要な科目

聴講料・実験実習料の有無および金額については、科目登録の手引きや履修ガイド等を参照してください。
聴講料・実験実習料の納入が必要な科目は科目検索画面の備考欄に「¥(要聴講料等)」が表示されていますので、科目検索画面でも確認可能です。
※自動登録された科目の場合、原則として聴講料は実験実習料として学費に含まれているため、別途納入の必要はありません。

■ページトップへ戻る

納入期間

納入期間については所属学部研究科の科目登録日程や、当年度のオープン科目履修ガイドを参照してください。
※1次登録で決定となった「Tutorial English」については、グループ編成の都合上、その他の登録決定科目とは異なる期間に実験実習料を納入します。

01_科目登録日程

■ページトップへ戻る

納入方法

科目の登録が決定したら、以下①~③の方法で納入を完了させてください。

①納入案内メールの確認

納入期間の初日に、Wasedaメールアドレス宛に納入案内メールが届きます。
メールには、納入にあたり必要な情報が記載されていますので、必ず確認をしてください。

納入案内メール
差出人:fee-payment@list.waseda.jp
件名:【重要】●●年度●学期登録 聴講料・実験実習料の納入について
本文:【納入金額・納入期限・納入方法選択画面のURL・注意事項】などが記載

※納入案内メールや納入手順案内メール(納入方法選択後に送信)が、[迷惑メール]フォルダに入ってしまうことがあるため、メールが見つからない場合は、検索ボックスに【検索キーワード:[fee-payment]】を入力し、[迷惑メール]や[ゴミ箱]も含めて検索してみてください。それでもメールが見つからない場合は、以下の窓口にお問い合わせください。

納入方法に関するお問い合わせ
●fee-payment@list.waseda.jp (早稲田大学教務部教育企画課)
●お問い合わせ対応時間:月曜~金曜 9:00~17:00(土日除く)
※ お問い合わせの際は、必ずWasedaメールアドレスを使用し、学籍番号・氏名・所属学部・携帯番号を明記してください。
※ 科目登録に関する内容のお問い合わせ先については、(08_科目登録に関する問い合わせ・履修相談)をご確認ください。

②納入方法の選択・確定

納入方法は以下の3つから選択できます。
メール本文中のURLをクリックし、納入方法選択画面から納入方法を1つ選択してください。
一度確定した納入方法を変更することはできませんのでご注意ください。

納入方法 説明 備考・注意
コンビニエンスストア(受付番号)決済 納入方法選択画面より支払い用番号を発行し、コンビニ店舗で納入する方法

●Web上で納品先のコンビニを選択する必要あり(番号発行後のコンビニ変更不可)。
●基本的にクレジットカードでの納入不可。
●30万円を超える納入不可。
ペイジー決済 納入方法選択画面で支払用番号を発行し、各金融機関のインターネットバンキングまたはATMを利用して納入する方法

●納入金額が10万円を超える場合、金融機関のATMは利用不可(インターネットバンキングは可)。
●コンビニ設置のATMは利用不可。
クレジットカード決済 納入方法選択画面でクレジットカード情報を入力して納入する方法 ●VISA・MasterCardのみ対応。その他のブランド不可。
●分割・リボ払いは不可。
●決済不可の場合は、納入方法選択画面に戻る。

③納入手順の確認・納入完了

納入方法の確定後、Wasedaメールアドレス宛に納入手順案内メールが届きます。
その手順にしたがって、期限までに納入が完了すると、納入完了通知メールが届きます。
※クレジットカード決済選択者は、②で納入方法が確定した時点で決済完了となり、納入完了通知メールが届きます(納入手順案内メールは届きません)。

■ページトップへ戻る

納入についての注意

  • 期間外納入はいかなる理由があっても認められません(期限間際に納入を試みたが、完了しなかった場合も含む)。未納の場合、決定科目の履修が認められないばかりか、その後の科目登録において抽選の順位が下がることがあります。なお、未納により決定科目の履修が認められなくなった場合でも、追加登録の機会はありません。
  • 聴講料・実験実習料は納入案内メールに記載された合計金額をすべて納入してください。一部の科目の聴講料・実験実習料のみ納入することはできません。また、納入後の返金もできません。
  • 納入方法の確定後は、別の方法に変更できません。納入方法選択画面の注意事項をよく読んだうえで、確定してください。
  • クレジットカード決済を利用する際は、カードの利用限度額や有効期限に注意してください。

■ページトップへ戻る

納入方法イメージ(参考)

■ページトップへ戻る

このページで知りたい情報を得ることができましたか? はい いいえ 27人中20人がこのページで知りたい情報を得ることができたと言っています。 ご意見のある方はページ上部の「ご意見はこちら」からお寄せください。