02_WEB科目登録の手順

WEB科目登録の手順やポイントを説明します。事前によく確認し、ミスなく科目登録ができるように役立ててください。

WEB科目登録プレチェック
●CHECK1:WEB科目登録の推奨環境/メール設定
●CHECK2:WEB科目登録の流れ
●CHECK3:WEB科目登録画面の見方

WEB科目登録利用手順
●STEP1:「成績照会・科目登録専用」にログインする/登録科目一覧を確認する
●STEP2:科目を検索する
●STEP3:科目を選択する
●STEP4:科目を申請する
●STEP5:科目を取消する
●STEP6:申請内容を確認する
●STEP7:登録結果を確認する

WEB科目登録TIPS
●TIPS1:希望順位登録
●TIPS2:科目区分の変更
●TIPS3:志望理由の入力
●TIPS4:聴講料等が必要な科目
●TIPS5:関連ページへのリンク

CHECK1:WEB科目登録の推奨環境/メール設定

  1. Web科目登録の推奨ブラウザを確認
    各種システムの検証済環境から、Web科目登録における推奨ブラウザを確認してください。
  2. Wasedaメールの設定を確認
    Web科目登録では、「申請情報確認メール」や「登録結果確認メール」といったメールを受信します。漏れなく受け取るために、以下の点についてご注意ください。

Wasedaメールアドレス(~@~.waseda.jp)を必ず取得してください

メールアドレス未取得の場合、MyWasedaから科目登録ができず、科目登録で必要となる関連メールも受け取れませんので、必ず登録開始までに取得してください。パスワードを忘れた場合は再発行の手続きが必要となります。

参考
02_各種申請・変更手続き

Wasedaメールが利用できることを確認してください

Wasedaメールアドレスでメールの送受信ができることを確認してください。

参考
Wasedaメール利用手順

Wasedaメールの転送設定を完了してください

Wasedaメールアドレス宛に届いたメールを他のメールアドレス(転送先)で受け取りたい場合は次の設定を行ってください。

参考
Wasedaメール(Gmail)初期設定ガイド「5.自動転送を有効にする」

■ページトップへ戻る

CHECK2:WEB科目登録の流れ

WEBを利用した科目登録の流れは下の図の通りです。それぞれの作業の詳細は 「WEB科目登録利用手順」で確認してください。

STEP 1 「成績照会・科目登録専用」にログインする/登録科目一覧を確認する
STEP 2 科目を検索する
STEP 3 科目を選択する
STEP 4 科目を申請する
STEP 5 科目を取消する
STEP 6 申請内容を確認する
STEP 7 登録結果を確認する

■ページトップへ戻る

CHECK3: WEB科目登録画面の見方

WEB科目登録は、すべてこの画面から行います。ログイン方法は「STEP1: 「成績照会・科目登録専用」にログインする」で解説します。

  1. 申請期間表示
  2. 科目により申請締切日が異なります。科目群ごとの申請期間を確認してください。

  3. 各機能ボタン
  4. 「科目検索」、「科目申請」「科目取消」の各機能ボタンが用意されています。

    「科目検索」 「科目検索」ボタンを押すと「科目検索画面」に遷移します。「科目検索画面」では、申請しようとする科目の開講箇所を指定して「確定」ボタンを押し、科目群を選択します。検索条件には必ず1項目以上を入力します。「科目検索」ボタンを押すと申請可能な科目のリストを表示します(履修できない科目はあらかじめ検索対象から除かれます)。
    「科目申請」 「科目申請」ボタンを押すと、選択中の科目の申請を確定するための確認画面が表示されます。
    「科目取消」 「科目取消」ボタンを押すと、科目取消を確定するための確認画面が表示されます。取り消すことができるのは、選択中、申請中の科目が対象です。(学部によっては限られた期間内で登録決定科目を取り消すことができます。)
  5. 登録科目一覧
  6. 現在の科目登録の状態を科目ごとに表示します。備考欄に「¥」マークの表示される科目は聴講料等の納入が必要です(期限までに納入しない場合、申請科目の登録が取り消されます)。

科目の「状態/希望順位」欄の見方

状態 説明
選択中 科目検索し「選択」した科目。このまま作業を終了し「申請」を行わない場合、選択は無効となる。取消可。
申請中 「申請」ボタンにより申請の許可された科目。取消可。
決定 履修の決定した科目。取消不可。(発表開始後の表示)
不可 申請後、履修上の問題があり申請が許可されなかった科目。(発表期間中の表示)
処理中 申請期間が終了し処理中の状態。取消不可。(申請期間終了後、発表開始前までの表示)
選外 履修希望者が定員を超えていたため無作為抽選が行われ抽選に外れ、履修の許可されなかった科目。(発表期間中の表示)

■ページトップへ戻る

STEP1: 「成績照会・科目登録専用」にログインする/登録科目一覧を確認する

1. My WASEDAのログイン画面左下に表示されている「成績照会・科目登録専用」のボタンをクリックします。

2. Wasedaメールアドレスとパスワードでログインします。

3. 「成績照会・科目登録専用メニュー」が表示されたら、「科目登録」のリンクをクリックします。

4. 「登録科目一覧」画面で自動登録科目など、登録済科目の状態や時間割を確認します。

※「登録算入単位数」で卒業単位に算入される登録済科目の合計単位数がわかります。登録算入単位数は、通年・春学期・秋学期の合計となります。

■ページトップへ戻る

STEP2: 科目を検索する

1. 「登録科目一覧」画面で「科目検索」をクリックします。

2. 検索画面で条件を指定し、「科目検索」を押下します。

科目検索のSTEP

  1. 学部を選択し「確定」ボタンを押します。
  2. 科目群の中から登録を希望する科目の科目群を選択します。
  3. 検索条件を1項目以上を入力して「科目検索」ボタンを押します。
  4. 希望の科目が見つからない場合は検索条件を再度確認し、検索条件を例えば学期のみにするなど極力減らして検索してください。

■ページトップへ戻る

STEP3: 科目を選択する

1. 科目検索結果から科目名の左側にある選択チェックボックスにチェックを入れます。複数の科目を同時に選択することができます。

2. 【続けて別の科目を選択する場合】
左側の科目検索から次に選択したい科目を検索します。

3. 【選択した科目の申請に進む場合】
「検索を終了して一覧へ戻る」ボタンを押して、「登録科目一覧」画面に戻ります。

■ページトップへ戻る

STEP4: 科目を申請する

1. 選択した科目の状態は「選択中」となっています。「選択中」の科目を申請するには登録科目一覧画面で「科目申請」ボタンを押します。

2. 申請確認画面で、申請したい科目に誤りがないことを確認したら「OK」ボタンを押します。

3. 「OK」ボタンを押すと申請時登録チェックが行われ、科目の履修可否が判定されます。
●エラーがない場合は状態が「選択中」から「申請中」に変わります。
●エラーが発生するとエラーメッセージが表示されますので、エラーの原因となった科目を取り消して問題を解消し、あらためて「科目申請」ボタンを押してください。

Web科目登録の申請時チェック(主な申請時エラー)

エラー内容 解消方法
既登録エラー 既に登録されている科目を申請している 申請できないため科目取消する
希望順位重複エラー 希望順位を指定する場合に既に同一の希望順位で科目を申請している 同一希望順位の科目についていずれかを科目取消する
曜日時限重複エラー 既に申請・登録されている科目と曜日時限が重複する科目を申請している
【関連】03_WEB科目登録の注意事項 NOTE6: 授業方法区分に注意!
いずれかの科目を取消する
前提条件エラー 履修の前提となる条件を満たしていない 申請できないため科目取消する
遠距離エラー 休み時間内で移動できないキャンパスの科目を申請している
【関連】03_WEB科目登録の注意事項 NOTE6: 授業方法区分に注意!
いずれかの科目を取消する
制限単位数エラー 登録可能な単位数の上限を超えて申請している いずれかの科目を取消するか、修正せずに申請を行う
※制限単位数エラーは修正しなくても申請可能だが、エラーのまま申請を行った場合は、登録結果発表時に無作為に選ばれた科目がエラーとなるため注意

この他にも履修規則上のエラーがあります。内容がわからない場合は、「科目登録関連冊子」などを参照して問題を解決してください。

7. 登録科目一覧画面で、科目の状態が「申請中」となっている科目が申請の確定した科目です。

※「選択中」の科目は画面を閉じると情報が破棄されてしまいます。申請したい場合は必ず「科目申請」ボタンで申請を確定してください。

■ページトップへ戻る

STEP5: 科目を取消する

1. 登録期間中は「申請中」「選択中」の科目を取り消すことができます。科目を取り消すにはまずはじめに「科目取消」ボタンをクリックします。

2. 取り消し可能な科目の一覧が表示されますので、取り消したい科目のチェックボックスにチェックを入れて「取消」ボタンを押します。(取消ボタンを押すと確認のメッセージが表示されます。)

※一部の科目で登録決定科目の取り消しを限られた期間内に行うことが可能です。一度取り消すと登録データが消えてしまい、再度登録決定に戻すことはできませんので、十分注意してください。

■ページトップへ戻る

STEP6: 申請内容を確認する

1. 申請内容はWeb科目登録の登録科目一覧画面で確認することができます。状態が「申請中」となっている科目が期間中に申請を受け付けた科目です。

2. 「確かに申請できたこと」を確認するための申請情報を、申請のあった翌日に1日分まとめて申請情報確認メールでお知らせします。申請情報メールには、「申請中」となった科目のリストが添付されています。メールは、翌日中に届きますので、申請内容が正しく反映されていることを必ず確認してください。

  • あくまでも申請内容であって、登録結果ではありません。最終的な登録結果についてはSTEP7を確認してください。
  • 申請情報確認メールでは、前日の朝8:00から26:00(午前2:00)までに申請し、その申請が正しく受け付けられた科目の情報を記載します。メールは科目を申請した日の翌朝から順次送信しますが、利用者数との兼ね合いで、若干お届けするのに時間がかかる場合があります。(申請翌日中には必ず届きます)

■ページトップへ戻る

STEP7: 登録結果を確認する

1. 各登録の発表日時になると、申請した科目の登録結果を登録科目一覧画面から確認することができます。登録が認められた科目は「決定」、抽選の結果、登録できなかった科目については「選外」、登録エラーのため登録できなかった科目については「不可」がそれぞれ表示されます。

2. 登録結果は科目登録結果発表日に登録結果確認メールでも送信します。
申請科目の「状態(決定・不可・選外)」を必ず確認してください。登録結果通知書と同義ですので、あらためて登録結果通知書を受け取る必要はありません。ただし、聴講料の支払が必要な科目を登録した場合は、「聴講料納入票」を所属箇所にて配布しますので、必ず受け取ってください。また、これらの確認メールは、その年度の成績発表までは必ず大切に保管してください。

■ページトップへ戻る

TIPS1: 希望順位登録

希望順位登録とは、抽選が行われる可能性が高い科目を同時に複数申請できる登録方法です。希望順位を選択できる科目群は、希望順位選択のプルダウンメニューが表示されます。希望順位を選択する場合は、必ず第1希望から順に選択してください。例えば、第2希望のみを選択した場合、抽選は第1希望者の後に行われますので、科目を登録できる可能性は極端に低くなります。

■ページトップへ戻る

TIPS2: 科目区分の変更

検索結果一覧に表示される「科目区分」の欄がプルダウンメニューで選択可能になっている場合は、科目区分を変更して申請することができます。例えば登録制限単位数オーバーエラーになった科目を一度取り消し、科目区分を制限単位に算入されない科目区分に変更してあらためて申請することにより、申請が受け付けられる場合があります。

■ページトップへ戻る

TIPS3: 志望理由の入力

科目検索画面の備考欄に「入力有」が表示される科目は、別画面から「申請フォーム」を呼び出し、志望理由などの内容を入力する必要がある科目です。
※申請フォームは120分間操作がないとセッションが切れ、再度呼び出す必要がありますのでご注意ください。

■ページトップへ戻る

TIPS4: 聴講料が必要な科目

科目検索画面の備考欄に「¥(要聴講料等)」が表示される科目は、聴講料等が必要な科目です。
※自動登録された科目の場合、原則として聴講料は実験実習料として学費に含まれているため、別途納入の必要はありません。

■ページトップへ戻る

TIPS5: 関連ページへのリンク

科目検索画面の備考欄に「関連URL」ボタンが表示される科目は、関連するホームページへのリンクが設定されています。必要な情報が記載されていますので、必ずクリックして確認ください。

■ページトップへ戻る

このページの情報は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 9人中9人がこのページの情報が役に立ったと言っています。